So-net無料ブログ作成

親父 [家族]

2011年1月26日 18時12分

親父が永い眠りにつきました。

親族みんなに見守られ穏やかに息を引き取りました。

今の顔を見ても寝ているようで、よく寝たなーと言って起きてきそうな穏やかな顔をしています。

親父の意思で自分たちも同意し延命治療はしないと決め、先生も納得していただき、

人の人生の終末を見せてくれました。

親父今までありがとう、

これからもみんなを見守っていてね。

親父 [家族]

1月25日

仕事の合間に親父に会いに行った、

親戚が来た

久しぶりに会う、37.・8年ぶり

夜にまた親戚たちが来て

みんなが和やかにしていたら、

親父の顔もうれしそうにしていたみたい

よかった!

親父 [家族]

余命一週間

覚悟はしていたけれど、

まだまだ先だと思っていた

心の整理はつけたつもりだけど  今、目の前の現実を受けいられない

悲しくて、泣かないと思ったけど無理


思い出が

さらに悲しくさせる

自分には楽しい思い出だけど、親父は楽しかったのかとか、

自分が交通事故を起こしたとき、あまり叱らず迎えに来てくれた親父 迷惑かけたな、

学校のことも、社会に出てからも、心配ばかりかけたな、

見守ってくれてありがとう。

これからも宜しくな! 親父


余命と言われたけれどまだ分からないし

孫の成長もまだ見ていてほしい

まだまだ教えてもらわないといけないことが山ほどある



でも、

苦しい姿を見ていると

今までがんばってきてくれて、さらにがんばらせるのか、そんな、、

楽にさせてあげたい

でも、話をしたい。

こんなとき息子はどうすりゃいいのかな、



親父  お疲れ。

親父  もう心配するな。

親父  ありがとう。 ありがとう

親父の息子でよかったよ!







メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。